スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

週3回しかカジノには入れないのが日本人?IRに珍ルール提案。

なんだかよくわからん入場規制を日本のカジノに盛り込むようです。

人間がカジノ行くのに回数を制限する、というのが正直意味がわからないですが、国のやることは半分は意味がわからないので、まあ仕方ないんでしょう。

1週間に3回までしかカジノには日本人は入れないようにする、という原案がだされる模様です。

東京オリンピック後は景気が冷え込むかなと思いますが、2020年にIRを開業し、実施条件として入場回数に制限を設けるとのこと。

以下ニュース引用になります。読売新聞より。

 

 カジノを含む統合型リゾート(IR)への入場規制に関する原案が15日、明らかになった。

 日本人客がカジノに入場できる回数について「1週間に3回まで」などと制限を設けることが柱だ。原案の内容は、政府が今国会への提出を目指すIR実施法案に盛り込まれる見通しだ。2020年代前半にIRを開業させ、20年東京五輪パラリンピック後の成長戦略の一つに位置づける。

 政府が15日午前、自民党のプロジェクトチーム(座長・岩屋毅衆院議員)の会合で原案を提示した。

 原案では、カジノへの入り浸りを防ぐため、入場回数を「連続する7日間に3回」までとした。「連続する28日間に10回」までとする中期的な制限も盛り込んだ。入場回数を一律に制限するのは海外では珍しいが、ギャンブル依存を助長しないよう配慮した。

2018年平昌オリンピック開催中。テレビで見るだけ?見ながら勝負?あなたはどっちが好きですか?

高梨沙羅選手、悲願の銅メダル。

4年前は「金メダルだよね?当たり前よね?」という妙なプレッシャーにやられてしまい、持ち味出せず敗退しましたが、今年は強風吹き荒れるピョンチャンで見事なジャンプを決めました。

能力のある選手が、能力どおりの力を発揮できないのが、オリンピックという重圧なのかもしれません。

 

悲願の日本金メダルは、まだまだ手に届いていませんが、ウィリアムヒルスポーツでは、日本人選手が参加する競技以外でも、さまざまな競技に参加できます。

日本人だから日本人を応援すべき、というのはもちろんそうなんですが、こと勝負事となると、もうちょいシビアに検討する必要があります。

 

参考までにオッズをご紹介します。ウィリアムヒルスポーツより。

2018平昌オリンピック最新オッズ

 

すでに登録されているあなたはもちろん、「スポーツベットって違法じゃないの?」と心配になりブックメーカーは聞いたことはあるけど、当然やったことありません、というあなたも、まずは情報は確認してから判断してみてはいかがでしょうか。

わたしも登録、参加していますが、別に大きな問題もなくやれています。

しいていえば今年負け越していることが問題といえば問題ですが、、、それはまあ自分のセンスなので置いときましょう。

 

イギリスはブックメーカーの本場、ということで、日本でいうサッカーのtotoみずほ銀行で普通に買えるようなレベルで街中でも購入できます。

来週の火曜日は雨か晴れか、みたいなしょうもない?ものから、年内に首相が退陣する?Yes,or,No?みたいな政治ものまで、ほんとにさまざまです。

 

こちらから精査してみてください。

日本人キャンペーン、まだやってますので、登録だけでもしておいたほうがいいですよ。いつ終わるかわからないので。

あなたの予想は?2018年平昌オリンピックの投票はこちらから

 

とうとう何もしなくても40ドル分無料で遊べるようになりました@カジ旅。

当ブログでご紹介しているオンラインカジノ含め、大半のオンラインカジノの行うキャンペーンは、それなりにユーザーに負担がかかるものが多いです。

 

たとえば「キャンペーンコード○○○○を必ず入力してください」。

あるいは「最低入金額○○ドル、○○ユーロ以上のユーザーが対象です」。

といったもの。

 

読まずに登録してみたら、期待していたボーナスがもらえず、「やっぱり海外のサイトはわからないし怖い」と思ってしまうのもやむをえない面もあります。

日本語対応とはいえ、どうしてもカスタマーサポートが日本人ほど流暢に日本語を使えないところもあるため、そういった不安が生じてしまうんですね。

 

ところが2018年1月12日~は、当ブログでご紹介しているドラクエカジノともいえるカジ旅は、、、

 

新規登録するだけで、40ドルのボーナスが、自動で加算される

 

というもの。

 

つまり、さきほど述べたような、キャンペーンコードの入力や、最低入金額などを精査せずともいいわけです。

40ドルといえば日本円換算で5000円相当になります。

これだけあれば、オンラインカジノデビューでしばらく様子見で遊びたいあなたも、安心なのではないでしょうか。

 

なぜなら、、、自分の懐は痛まないのに、遊べるうえにお金が増える可能性があるから。

 

何もしなくても40ドル分もらえるとはいえ、さすがに登録しないともらえません。 

気になる旅カジはこちらからご確認ください。

 ↓