スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

クレジットカード対応はストレスなく遊べます♪ベラジョンカジノ(1)

今回もベラジョンカジノについて取り上げます。

 

今までご紹介したカジノは、クレジットカード対応がなかったりで不便なところもありましたが・・・

ここは対応しています♪

どんなカジノか、さっそく見ていきましょう。

ベラジョンカジノの大きなメリットは2つあり、

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム
⇒PCだけじゃなくスマホでも遊べますよ!

日本のクレジットカードで入金が可能!
オンラインカジノではかなり魅力的ですね!

 

ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPがあります。

 

アクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!
⇒サイトが重い、などのストレスなく、サクサク遊べます。

 

アプリやソフトのダウンロードやインストールという手間も一切なしです。
HPをブックマークしておくことで、アプリ感覚で利用を始めることが出来ます!

 

さらには!クレジットカードで入金が可能!

そのため、アカウント開設から入金、プレイするまでの一連の流れを
スマートフォンで全て完結することが出来るのです。

 

どの端末からアカウント開設をしたとしても、
すべての端末で利用することが出来るので、

 

↓当然ですが

スマホでアカウント開設を行った場合でも、
PCからそのアカウントでログインすることが可能です。

 

また、日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、
オンラインカジノ初心者の方にも安心して利用することが出来ます。
⇒ワイルドジャングルカジノと同じく、日本人向けのサービス精神旺盛です。

ベラジョンカジノは、通常のカジノと異なり、
複数のソフトウェア会社のゲームを取り扱っています。
⇒後ほどHPサイトをご案内しますが、ものすごい量のゲームがあります。
⇒どれで遊べばいいか迷うというより困る量です!

 

それにより、ベラジョンカジノでしか遊べない
より多くのユニークなゲームが導入されています。

そんなベラジョンカジノはこちらが入り口です。

 


明日以降、さらなる魅力をご紹介しますので、ご期待くださいね!

 

 

新オンラインカジノ紹介。面白い&勝ちやすいオンラインカジノってどこにあるの?

本日より新カジノのご紹介。

とはいえ、業界では老舗です。

 

ベラジョンカジノ

 

検索するとたくさん出てきますが、まあたくさん出てくるということは認知度が日本人の間でもある、ということでもあります。

 

カジノはオンラインであれ実在のカジノであれ、やり続ければ胴元が勝利するのはまあ誰でもわかる。

というわけで、戦略としては、以下の2つになるかと思います。

 

1.安全・安心であること。

2.勝ち逃げする(これは自制心が必要ですが)


これまでも優良で安心・安全なオンラインカジノをご紹介してきましたが・・・

ゲーム情報が少ないのは否めません。

 

ゲームは好みもあるのと、それこそ無限といえる量があるので、ご紹介はオンラインカジノ、またスポーツベッティングの良さにわりと特化してこれまでご紹介してきました。

 

オンラインカジノに欧米も日本人もないとは思ってはいますが、やはり好みの差は人種で出るのかもしれませんね。

ぜひご参考に!

そして、まだオンラインカジノをやったことがない読者の方も、これを機に登録だけでもしてみては?

損なしですよ。特に当ブログからご登録いただくと特典ありです。

詳しくは↓のバナーにてご説明しています! 

 

カジノ法案、カメなみの動きだが進捗あり。政府の方針が打ち出されています!

北朝鮮がミサイルを撃ってきたり。

イギリスではテロがあったり。

波乱含みの2017年前半もあと20日ほどで折り返しになります。

生前退位の法案も特措法で通過したこともあり、いよいよ東京オリンピック向けの話題が国会でも審議されるであろうと期待しています。

復興支援ももちろん継続してやっていただかないと、東北はまだまだ大変な状況。

 

というわけで、オンラインカジノにもかかわってくるカジノ法案についてです。

少しずつ議論が進んでいるようですので、今回ご紹介します。

 

以下オンカジより引用です。


さて今回は、議論が進む、

 

“カジノ法案”

 

について、現状の解説とおさらいをしていきましょう。


2016年12月2日、いわゆる「カジノ法案」が衆院内閣委員会で可決されました。
それから半年以上が経ちますが、いまだ日本のどこにもカジノは誕生していません。なぜなのでしょうか?


実は12月に可決された同法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」、略して、

 

“IR推進法案”

 

と呼ばれています。


IRとはカジノだけでなく、ホテルやショッピングモール、巨大ビジネス関連施設のことを含む複合観光施設を指しています。
IRで観光客を呼び込み、雇用が生まれ、地域の活性化につながると期待されており、その中にカジノが含まれているというわけです。


ただし、IR推進法案はあくまで推進法であり、理念や方針、手続きといった大枠を規定するプログラム法にすぎません。
同法が成立したからといって直ちにカジノができるわけではなく、これから詳細な内容を規定した「IR実施法」が国会に上程される予定なのです。


つまり現在は「IR実施法の中身を詰めている」段階なのです。


------------


では現在、IR実施法の中身についてどんな議論が交わされているのでしょうか?
まずは「免許制度」について見てみましょう。


政府が打ち出した方針案では、免許制度は、世界有数のカジノスポット、

 

“米国ネバダ州” や “シンガポール

 

を参考に策定されているようです。ネバダ州とはもちろん、ラスベガスのあるネバダ州のことですね。


カジノ運営会社の財務状況や、役員の交友関係などを審査し、一定期間ごとに更新を義務付けることで、
暴力団など反社会的勢力の排除を図っていく方針のようです。


かなり厳しい審査基準のようですが、カジノの透明性を図る上で必要なことでしょう。


------------


次にIRが設置されると見られる、有力な都市はどこなのでしょうか?


もちろんIRは、大都市だけのものではありません。
むしろ人口減少により地域経済が伸び悩む「地方都市」こそIRの誘致に積極的に乗り出したいようです。


ただし「最初に設置されるIRはやはり大都市なのでは?」という見方が強いのも実際のところで、
海外でカジノの運営する企業の間では、

 

“東京・横浜・大阪”

 

あたりが候補地として名前が挙がっています。


また、政府が示したIR誘致のガイドラインが、大都市型の施設を優先するような条件を示したこともあり、
地方自治体や政治家からは反発の声も挙がっています。


現在のところ、日本国内からは具体的なIR設置都市の名前は挙がっていませんが、

 

“まず大都市に設置され、やがて地方へ”

 

という流れと考えるのが自然なのかもしれません。


------------


さてIR実施法案の今後のスケジュール感ですが、
政府は、夏をめどに大枠の取りまとめ、秋の臨時国会での提出を目指しています。


また、政府・各党はIR実施法案とは別に、

 

“ギャンブル等依存症対策基本法案”

 

を整備する方針です。
厚生労働省によるとすでに日本はギャンブル大国であり、今の段階でもギャンブル依存症対策は不十分であるところから、
IR実施法案と並行して整備すべき法案といえるでしょう。

 

というわけで、決めるべきことはまだまだ山積といえる状態ですが、一度動き出せばスムーズに行くであろう、と見ています。

今のところカメなみのスピード感ですが、うさぎになったら速い。

実際のカジノの雰囲気を味わうのも楽しいですが、日常生活で仕事をされている方はなかなか非現実のために遠征するのも難しいこともあり、オンラインカジノを推奨しています。

 

日本のカジノ、オンラインカジノetc・・・精査すべき情報はネットにたくさん出回っていますが、やはり精度が高い情報を拾いたいもの。

歴史もあるサイトで確認してください。

www.samuraiclick.com