スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

オンラインカジノでビットコイン対応の時代がまもなくやってきます。仮想通貨?危ないしよくわからない。というあなたへ。

前回少しお話したビットコインですが、やや値下がり中。

値下がり中こそおいしいのでついさきほど追加購入しました。

ナンピン買い、ということばが株ではありますが、それとはちょっと違うんですよね自分の中では。

株を購入しているわけでもないのと、将来性を期待して、という面もかなりあるので。

 

そんなbitcoinですが、オンラインカジノで導入、という話が本格化してきました。

 前回記事でご紹介した、マカオ開催のiGaming Asia Congressでその話題が出ているようです。

 

いちいち日本円からユーロドル、アメリカドル、に変えなくてもビットコイン口座からオンラインカジノオンラインカジノからビットコイン口座、で直にやりとりができますし、ビットコインデビットカードを作っておけば、普通に日本円に戻さずとも買いものができます。

 

もちろんネット上でのやり取りにウエートが置かれるオンラインカジノだけに、セキュリティ・安全性が大事というより最優先課題になりますが、その点でも信頼の置ける運営会社とのことです。

 

まだ正式決定ではありませんが、日本の市場に魅力を感じ、参入したいと考えているようですので、もちろんビットコイン以外の入出金もできますが、口座を作っておくのも手かなと思います。

 

bitcoinは国境・通貨の壁がない画期的な仮想通貨。

ほかにもピンキリで仮想通貨が出回っていますが、信頼性で考えるとビットコインが抜けているかなと私個人は思いますし、私はビットコインしか仮想通貨は投資はしていません。

 

ああ、仮想通貨は怪しいからね。タンス預金が確実!

銀行口座はマイナンバーでいずれ完全補足される。やはりタンス預金が確実!

 

と思うかもしれませんが、仮想通貨は法整備が遅れていることもあり、税金に関しては

対応仕切れていません。

そういう意味では仮想通貨、または香港含め、海外のバンクに口座を開く、というのはそう遠くない未来を見据えても必要不可欠になってきます。

 

預金封鎖なんてやったら日本はいよいよ危ないから、さすがにやらないよね!

 

と国を信頼するのも結構ですが、歴史を紐解けばすでに2回やっています。

2度あることは3度ある。

のか、はたまた3度目の正直でそこまではやらないのかは知りませんが、国はそこまで信用に値しないのでは?と個人的には考えています。

 

わたしたちがお金と呼んでいるものはお札を見ればわかりますが「日本銀行券」。

お金ではありません。

 

「明日から紙くずですごめんなさい!」と言われたら、躊躇なく紙くずになる代物です。海外ではすでに経験済のお話ですので詳しくは触れません。

 

そういう意味では投資やギャンブルに消極的、または興味がない方だとしても、少なくともすべて日本円、すべて預貯金にまわしています!ということがどれだけ危険なギャンブルになるかは理解して生活したほうがいいと思います。

 

と、オンラインカジノのブログですので仮想通貨の話はほどほどにしておいて。

というわけですので、また動きがありましたら随時当ブログで取り上げますので、またお付き合いください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

マカオでアジアゲーミング業界のカンファレンスが開催されます!

気づけば2017年も1/4が終わろうとしています。

国会は動いているようで動いていない、そんな印象すらありますが、世界は確実に変化しています。

来週からは、マカオで開催されるアジアゲーミング業界のカンファレンス、

iGaming Asia Congress

が始まります。日本語ページではありませんが参考までに。

Home - iGaming Asia Congress

 

今回は、
iGamingの講演トピックから見える


アジア市場の傾向


をいくつか紹介します。

 


アジアではスポーツブックが成長中!

アジア全体で見ると、スポーツブックは歴史的にはカジノよりも普及していますが、

まだまだ成長しているようです。

特に、eスポーツという分野が新たな分野として注目されています。

eスポーツとは、世界的に人気なオンラインゲームを
プロプレイヤーが対戦する大会に対してベットすることを言います。

まだ日本では馴染みのない分野ではありますが、当ブログでご紹介している

ウィリアムヒルや、日本人に人気のあるW88でもすでにeスポーツを取り扱っています。

 

モバイルが引き続き中心!

年々iGamingでは、
モバイルのゲームコンテンツやマーケティング手法が注目されていますが、
今年もモバイルゲーム市場の傾向とゲーミング企業としての活用方法

モバイルによるライブストリーミング、3D技術などにおいて講演が行われます。

 

日本市場だけでなく、アジア全体でも、モバイルのゲームコンテンツや集客方法の今後の動きを気にしているようです。

 

ブロックチェイン技術の活用方法!

わたしもブロックチェーンでビットコインを流用していますが、スマホ、PCともサクサク使える、セキュリティの設定も個人に合わせてできるので重宝しています。

 

iGamingでもそれの活用方法、セキュリティ面の説明など講演トピックとして早速取り上げられています。

 

とても興味深い内容の講演ばかりです。

様々なアジア市場で注目されている内容は、
日本市場での展開のヒントになりそうですね。

オンラインカジノにbitcoinで入出金できる日が来る?

ビットコイン

日本ではまだまだ普及していませんが、お隣中国ではブレイク中。

ビットコインの日々の値段は中国しだい、というくらいにウエートが高いのかもしれません。

わたしもビットコイン、持ってます。

 

気づけば2017年3月。

早いもので、2017年もあっという間に2カ月が過ぎてしまいました。
花粉が舞い始めるシーズンですので、花粉症の方はくれぐれもご注意下さい。

 

以下、サムライクリックより引用です。


さて今回は、ネットカジノに興味を持ち始めたプレイヤーが必ず気になる、

 

“入出金方法”

 

の1つとして、『ビットコイン』に注目したいと思います。

 

きっと多くのみなさんは『ビットコイン』の存在自体はご存じのことでしょう。
ビットコインとはデジタル社会に適した「仮想通貨」のことで、
日本のみならず世界中で、盛んな取引きが行われています。


円やドルとの最大の違いは、通貨を管理する

 

中央銀行が存在しない”

 

……ということです。

 

ただ、銀行自体はすでにヨーロッパに誕生しています。


普通に考えれば、誰も管理していない通貨などリスクでしかありませんが、
ビットコインは、ビットコインが取引された全ての情報が、
コンピューターネットワーク上に保存されているのです。
これにより、通貨の偽造や二重払いなどを防止しているというわけですね。


もちろん、円やドルなどの通貨と同様に売り買いも可能ですし、
日本でも大手銀行が投資する、

 

“bitFlyer(ビットフライヤー)”

 

など、ビットコインを購入・取引・管理できるサービスが増えています。

 

また、ビットコイン専門サイト「Brave New Coin」によれば、
日本におけるビットコイン取引量は、すでに世界一であるとのことです。
まだ新しい通貨のため、価値の変動は他の通貨よりも激しいなどのリスクはありますが、
近い将来、ビットコインが我々の生活に定着する日が来るのかもしれません。

 

ここまで、ビットコインの概要について説明して来ましたが、
冒頭でもお伝えした通り、オンラインカジノでは、

 

“新たな入出金方法”

 

として、ビットコインに注目しています。


例えば、多くのプレイヤーが利用しているオンライン決済サービスに「エコペイズ(ecoPayz)」があります。
そのエコペイズにも、ビットコインは簡単に入金できるのです。

以下で簡単に手順をご説明しますね。


(1)bitFlyerでアカウントを作る(bitFlyerでなくても可ですが、わたしはここを使ってます)


(2)銀行から口座振込をしてビットコインを日本円で購入する


(3)購入したビットコインをエコペイズに入金する(※その日のレートでドル口座に反映されます)


(4)エコペイズからカジノへ入金する

いかがでしょうか? 意外とシンプルな決算方法ではないでしょうか?
銀行振込による入金方法がない現在、ビットコインは有効な入金方法として日本人は特に検討の余地があります。

 

オンラインカジノ含め、日本、欧米、その他もろもろのカジノ情報、かつ信頼できる情報はこちらからご確認ください。

オンラインカジノのノウハウ・情報のポータルサイト オンカジ