読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

オンラインカジノでビットコイン対応の時代がまもなくやってきます。仮想通貨?危ないしよくわからない。というあなたへ。

前回少しお話したビットコインですが、やや値下がり中。 値下がり中こそおいしいのでついさきほど追加購入しました。 ナンピン買い、ということばが株ではありますが、それとはちょっと違うんですよね自分の中では。 株を購入しているわけでもないのと、将来…

マカオでアジアゲーミング業界のカンファレンスが開催されます!

気づけば2017年も1/4が終わろうとしています。 国会は動いているようで動いていない、そんな印象すらありますが、世界は確実に変化しています。 来週からは、マカオで開催されるアジアゲーミング業界のカンファレンス、 iGaming Asia Congress が始まります…

オンラインカジノにbitcoinで入出金できる日が来る?

ビットコイン。 日本ではまだまだ普及していませんが、お隣中国ではブレイク中。 ビットコインの日々の値段は中国しだい、というくらいにウエートが高いのかもしれません。 わたしもビットコイン、持ってます。 気づけば2017年3月。 早いもので、2017年もあ…

和歌山市がカジノ誘致に動いた!世界のカジノ運営大手も積極的です!

日本のカジノ法案に動きが出たようで、さっそくシェアしたいと思います。 和歌山市がカジノ誘致に動いたということで、西のほうがカジノ参入に積極的なイメージもあります。 キリスト教しかり、何か日本に新しく入るものはたいてい九州や関西など、西からや…

VR,AIがオンラインカジノにも影響がある?マカオゲーミング協会の戦略。

将棋もチェスもコンピュータが人間を倒す時代。 そんな波がカジノにも来ている?というニュースです。 人工知能AIはかなり普及している用語だとは思いますが、VRはご存知でしょうか? ヴァーチャルリアリティ。つまり仮想現実。 オンラインカジノで遊ん…

カジノは悪?問題を指摘するまえにカジノの経済効果を学習しよう。

今回は専門家の意見を中心にお届けします。 カジノは悪。 カジノができたら治安が悪くなる。 ギャンブル依存症が増える。 反対派は基本的にはこんなイメージです。 これらを全否定するつもりはありませんが、情報は複数の角度から検討しなければ意味がありま…

年収1000万円も狙える。接客・語学etc・・・求められるスキルは高いが挑戦の価値あり?目指せカジノディーラー!

わたしは都内で1箇所見かけたことがあります。 カジノディーラー養成学校。正式名称は日本カジノスクール。 カジノ法案が可決するよりずいぶん前からあります。 新宿にあるんですよね。 2016年末にカジノ法案がとりあえずめどがついたこともあり、カジノに…

世界最大級のオンラインゲーム展示会・ICE Totally Gaming、いよいよロンドンで開催!

規模がでかすぎるイベントが今年もロンドンで開催される運びとなりました。 毎年英国ロンドンで行われる世界最大級のオンラインゲーミング展示会、 「ICE Totally Gaming」が、今年も2月7日から9日に開催されます。 端から端まで歩くのに1日かかりそうな巨大…

菊花賞・有馬記念勝ち馬・サトノダイヤモンドがマカオでも活躍?

「サトノ」の冠でおなじみの里見治。 いわずとしれたセガサミーのトップです。 昨年12月にいきなり確変に入ったかのようにG1を連勝。 今年はまだサトノリュウガのプチブレイク程度ですが、勢いは2017年も続きそうですね。 そんなセガサミー。 海外でも昨年か…

2016年3月に起訴された日本国内のオンラインカジノプレーヤー、当然不起訴に。

まあそうだろうね。 というビッグニュースが飛び込んできました。 オンラインカジノは日本では違法ではない。 というお話を「オンラインカジノって日本でやれるの?やっていいの?」というカテゴリーですでにお話していますが、結論からいえば問題ありません…

ユニバーサルエンターテインメントがフィリピンでカジノ運営。

ひさびさにカジノNEWSをお届けします。 日本のカジノは日韓関係の悪化とアメリカ大統領就任前ということで、なかなか動く気配がありません。 そんな中、民間はすでに活発に動き始めています。 中国人観光客が増加しているのは日本に始まった話ではなく、…

寝る前やお酒飲みながらできるオンラインカジノこそギャンブル依存症を加速させるんじゃないの?

前回ご紹介したように、ようやくカジノ法案が強行?採決されました。 まあ国会議員だろうが、わたしたち庶民だろうが、共通の不安は「依存症になるんじゃないか?」という話でしょう。 カジノ自体が悪いというより、参加する人間に問題がある、という話です…

2016年12月15日未明にカジノ解禁法案可決!

「ようやくケリがついた」 そんなニュースが飛び込んできました。 以下は朝日新聞デジタルより引用です。 カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が14日夜の参院本会議で可決された。参院で修正が加わったため、…

民進党さん。いくらなんでもカジノで内閣不信任案はきついんでないかい?

野党は与党のチェック機関。 だと思っているんですが、日本は違うのか。 与党を批判して対案を出さないのが日本の野党。 以下は引用です。 国会では、「カジノ解禁法案」をめぐる与野党の攻防が大詰めを迎えていて、参議院の委員会で参考人質疑が行われた。 …

ハウステンボスにカジノ?旅行会社のHIS(エイチ・アイ・えす)が動いた。

「なるほど、その手があったか」 というニュースが飛び込んできました。 以下は引用です。 IR法案ではカジノ誘致が注目される。大和総研の試算では、国内3カ所に設置した場合の経済効果は運営のみで計2・1兆円に達するという。関連企業は早くも皮算用を…

カジノ解禁法案、衆議院可決。審議時間が短い?わたしはそうは思いません。

審議時間を長くしようが短くしようが、ギャンブル依存症はいずれにしても出るでしょう。 そもそもパチンコがこれだけ乱立している国も珍しいとは思う。 ギャンブル依存よりパチンコ依存といったほうがいいのでは?と思うような事件も多い。 そういう意味では…

国内のカジノ解禁前進!民進党の長島元防衛副大臣が動いた!

まさかまさかの11月に首都圏で雪が降った54年ぶりの椿事が起きた2016年11月24日。 競馬でいえばウオッカが64年ぶりに牝馬で日本ダービーを制覇、なんていうニュースが以前ありましたが、同じくらい歴史を感じさせられるお天気でした。 首都圏はちょっとの雪…

ドジでのろまなカメはドラマの世界で十分です。

もじもじしないで。 というのはムーミンですが、ドジでのろまなカメのような遅さでちんたらと進んでいるのが日本のカジノ法案。 与党の自民党のはまあノリノリなわけですが、連立の公明党がようやく反対はしないことになり、スムーズに進むのかと思いきや・…

ハードロックカフェが日本でカジノ運営に動いています!

日本でもおなじみの「ハードロックカフェ」。 アメリカンな雰囲気でお酒を飲む、といったイメージが強いかもしれません。 日本では敷地が取れないこともあり、店舗もそこまで広くないこともあり、そんなイメージですが、本場アメリカではまったくイメージが…

カジノ解禁法案を与野党を超えて議論@深層NEWS

10月2日。 岩屋毅(自民党)・近藤洋介(民進党)・清水忠史(共産党)・小沢鋭仁(日本維新の会)の各衆議院議員が、BS日テレの「深層NEWS」に出演。 カジノなどの統合型リゾート(IR)を推進する法案であるカジノ解禁法案をテーマに議論をしま…

ソフトバンクのCMで使われた「天空のプール」が日本にも誕生か?

今年でさよならいおんとなるSMAP。 ソフトバンクのCMに以前出演したのを覚えているでしょうか? 今回はそんなお話とカジノの夢のコラボです。 以下は「オンカジ」より引用です。 カジノを解禁し統合型リゾート(IR)を推進する法案 いわゆるカジノ法…

上場企業には株主の意向がある。ウィリアムヒルとアマヤの合併が見合わせに。

オンラインカジノに対するマイナスイメージがある意味、払拭されるニュースが入ったので今回取り上げたいと思います。 当ブログでもご紹介しているウィリアム・ヒルと、世界的に大人気のポーカーサービスの「ポーカースターズ」の合併話が進んでいたんですが…

iWalletがDORA麻雀で導入決定!Neteller離脱でも問題なく使えます。

以前Ecopayzとiwalletについてお話しました。 いずれも「Neteller(ネッテラー)」の2016年9月15日以降の日本国内でのギャンブル関係への入出金停止を受けて、日本でも問題なく使える入出金方法です。 そのうちの1つ、iWalletがDORA麻雀で導入されることが決…

2016年9月。バンダイナムコがカジノに参入ですよ!

バンダイナムコといえばゲーム会社大手。 東証一部上場企業としても有名ですが、やはりわたしたちはアニメやゲームのイメージです。 わたしは星闘士星矢好きなのでそっちのイメージです。 そんなバンダイナムコがカジノ機器開発に参入する、というビッグニュ…

日本のカジノ法案、2016年内にようやく動きが?

2016年8月。 今上天皇からの「おことば」もあり、摂政ではなく譲位という形を示されました。 皇室典範の改正でいくか、特措法でいくか、で議論になっているようですが、それも国会で審議されていくことでしょう。 そんな国会とカジノについてのニュース…

日本のカジノ解禁に向けて大阪が動き出しています!東京も追いつけ追い越せ!

この記事を書いている数時間後には、日本馬初の制覇なるか注目が集まる凱旋門賞がシャンティイ競馬場で開催されます。 いっぽう日本のカジノ事情はどうなのか、ということで今日はお届けします。 小池百合子知事は乗り気とはいえ、築地からの移転問題で盛り…

日本人を応援すると5倍に資金が増える。凱旋門賞だけじゃないもう1つのG1とは?

今週末はスプリンターズSと凱旋門賞の2つのレースがあります。 ですが、もう1つ、さらに大きなレースがあるのをご存知でしょうか? ノーベル文学賞(GⅠ)です。 今年はここに村上春樹がノミネートしているんですね。 ハルキストとも呼ばれるファンがいる…

日本馬の敵はポストポンドではない?3歳牝馬がまたも波乱を呼ぶ!2016凱旋門賞。

いよいよあと4日ほどで凱旋門賞当日を迎えます。 マカヒキは順調な仕上がりということで、日本のファンはオルフェーブルやディープインパクト、エルコンドルパサーも果たせなかった悲願達成をいまかいまかと待っているところ。 最新の凱旋門賞のオッズが出…

JRA初の海外馬券販売・凱旋門賞。マカヒキは1番人気必至。では海外ではどうなの?

JRAが重い腰をあげた2016年。 ついに海外馬券販売が10月2日の凱旋門賞で実施されます。 今年に限ってはマカヒキが回避しても試験的に発売するとのこと。 とはいえ、マカヒキは今現在では順調そのもの。 日本人しかおそらく購入しないであろう今回…

錦織圭、全米テニスオープン奮闘中!世界3位のワウリンカの牙城を崩せるか?

最新のオンラインカジノニュースをお届けするカテゴリー「オンラインカジノNEWS」を追加しました。 今日はリオ五輪で快挙の銅メダル獲得の錦織圭選手についての話題。 現在は、テニスの4大大会の一つ「全米オープンテニス」に出場しており、大勝利を成し遂…