読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

オンラインカジノを日本でやると違法なの?弁護士の見解は?

オンラインカジノって日本でやれるの?やっていいの?

今回は、誰しも心配・不安材料になる「オンラインカジノって大丈夫?」というテーマでお話します。

 

大丈夫?という意味は

1.日本でやって大丈夫?

2.そもそも運営している会社大丈夫?とんずらしたりしないの?

という2点が主なところ。

特に気になるのは「日本でやったら違法じゃないのか?」というところでしょう。

 

というわけで、まずは1.について今回の記事でお話をしていきます。

実際に日本ではどういった解釈がされているのかが気になるところ。

 

何人かの弁護士に「日本国内で海外のオンラインカジノで遊ぶことが違法かどうか」
見解を確認してみました。

 

オンラインカジノに関しては、明確に規定した法律はなく判例もまだ出ていません。」

 

日本の法律ではこのような認識のようです。

 

現行の法律で気になるところは、
刑法185条(賭博)、刑法185条1項(常習賭博)。

 

賭博罪には国外犯罪処罰規定がないので
国外のカジノやサーバーがその国の営業許可を得ているか否かに関わらず
日本の刑法によって処罰されることはありません。


日本の賭博罪は、難しい言葉でいえば必要的共犯または対向犯で成立します。
賭ける側(プレイヤー)と賭けさせる側(オンラインカジノ経営側)を同時に立件しなければなりません。

 

オンラインカジノでは、サーバーが海外にあります。
というわけで、海外のサーバーに日本からアクセスしてゲームやベットを行います。

例えば、ラスベガスやマカオ、お隣りの韓国など、世界近隣諸国にはカジノはたくさんあります。

私たち日本人が外国に遊びにいってカジノで遊んでも罪に問われることはありません。

つまりサーバー、運営会社含め、海外で行う限りは違法性がないというわけです。

 

日本のカジノ法案は内閣改造、そして都知事選の行く末が決まるまではお預けとなりそうですが、東京オリンピック開催に間に合わせるつもりなら、あまり時間はありません。

 

カジノが正式に動き出せばこういった悩みもさらに解消はされるんでしょうが、日本はいかんせん普及には時間がかかるお国柄。

古くはキリスト教伝道のために来日したザビエルは、石を投げつけられたり苦難・受難がありました。

もちろんキリスト教国の狙いはその国への布教プラスのっとりもあったわけで、あながち日本人の慎重さが悪いわけでもありません。

 

ただ時代はいまは平成。

海外旅行のプランではラスベガスやマカオの海外ツアーの中にはカジノツアーなどが組まれているくらいなので、まったく問題はありません。

 

それと同じことなのでご安心ください!

詳しくは下記のHPでご確認いただけます。

オンラインカジノの法的位置について | オンラインカジノ(ネットカジノ)コミュニティ オンカジ

 

次回は2.で述べたように「運営会社の信頼性」についてみていきます。

想像よりも厳しいのでおどろかれると思いますよ!

今日は少し長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!