読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

イギリス100年の伝統を誇るのがブックメーカーの老舗・ウィリアムヒルスポーツ!

梅雨明けでいきなり暑くなった2016年7月も早くも今日で最終日。

東京都知事選もいよいよクライマックス。

 

いかがおすごしでしょうか。

 

スポーツの祭典・リオ五輪がもうすぐ開幕します。

 

いうことで金メダル期待したいのが

 

・女子レスリン

・体操

・サッカー

 

あたりでしょうか。

特に女子レスリングには絶対女王が2人、体操にも内村航平や高校時代から結果を出してきた白井選手もいます。

 

さすがにリオは遠い。

そして、治安も不安定なようだし、観光するにも不安だ。

 

ただ、日本人選手は応援したい。

 

まあ、こういったところが本音ですしわたしもこんな感じです。

ソウルや東京なら応援に行くんですけど、さすがにリオは遠い。

 

よく、この時期になると「甲子園の優勝校予想」などが騒がれます。

とはいえノミ行為は当然違法。

 

ところが、外国では認知度も高く、政府公認のブックメーカーがあります。

1902年に同盟を結んだイギリスです。
イギリスは「一度約束したら、きちんと履行する」ことで当時から有名な国。
今もその伝統が受け継がれています。

 

今回のリオオリンピックだけじゃなく国際的なイベントにリアルマネーを使って参加が可能。
それをスポーツベッティングといいます。

以下はその説明です。

 

スポーツベッティングとはスポーツの試合の結果を予想してお金を賭けることを言います。

誤解を恐れず言えば、スポーツ賭博のようなものですが、政府の認可がおりた企業が運営を行なっている合法化された娯楽の一種です。

※日本で大人気の「競馬」「競輪」「競艇」「オートレース」も日本政府の認可がおりた(厳密には国が運営している)『スポーツベッティング』になります。

 

そして、この賭けの胴元が「ブックメーカー」と呼ばれる、英国政府公認の一企業になります。
(競馬を運営する「JRA」や宝くじやロトを扱う「みずほ銀行」と同じようなものとお考えください)

 

英国政府の許可を得て、世界中のサッカーリーグ・野球・バスケット・テニス・アイスホッケー・アメフトNCAAバスケットなど様々なスポーツが対象となり、そしてさらにクリスマスは雪が降るか?次の大統領は誰が選ばれるか?ワールドカップはどこで開催されるか・・・

 

スポーツイベントだけではなく、政治や経済に関する事柄などさまざまな出来事の結果を予想し、正解すると配当がもらえるというものです。

 

日本でいうところの、toto(サッカー振興くじ)をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

 

本場英国を中心とするヨーロッパの人々は、気軽にブックメーカーに足を運び、
自分の推理力を試す面白い投資の場として年間約700万人超の人々が利用しています。

 

ブックメーカーは日本で言えば、宝くじと同じくらい身近な存在です。

例えば、サッカー観戦でスタジアムに入る前に携帯電話などから気軽にBETしてから試合観戦するというのはヨーロッパではよくみかける風景です。

ブックメーカーは、スポーツをより楽しむオプションのひとつとして確立した、英国の大人の文化です。

 

といった形で、違法でも何でもないです。

イギリスでは日本でいうコンビニなどでも参加が可能な、宝くじ以上に身近な存在。

 

日本はそこまで流行っていませんが、東南アジアではすでに普及が進んでいます。

以前お話したように、トレンドオプション・バイナリーオプションは日本の証券取引法などが厳しくなる可能性があることで、海外の業者を介してやることが、ひょっとしたら後々問題になる可能性もあります。

 

ですが、日本の銀行、証券会社は介入していないブックメーカーに関しては、明確な法整備もありませんし、入出金に関しても問題ありません。

 

次回は、そんなウィリアムヒルについてさらに詳しくご説明する前に「入出金が大丈夫っていうけど、ホントか?」というお話をします。

 

わたしが実際使っており、キャッシュカードも持っている「ネッテラー」についてお話をしていきます。

この口座、かなり便利です。

オンラインカジノにまったく興味がわかない人でも、1つ持っておくと海外旅行含め、かなりラク。

次回はそんなお話です。

 

ブックメーカーについてはわかった。

じゃあ、ウィリアムヒルってどんな感じ?

というのは、こちらのページでご確認ください。

日本語完全対応のウィリアムヒルスポーツHP