読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

ウィリアムヒルはペイアウト率・控除率が日本のどの公営ギャンブルよりも高いってホント?

ブックメーカー(ウィリアムヒルスポーツ)

ペイアウト率。

 

パチスロ競艇、競馬をやられている方なら誰しも気になるのがコレ。

参考までに日本の公営ギャンブルがどのくらいの割合か見ていきましょう。

 

JRA・・・75%(70%前後という説もあります)

競艇・・・約70%

パチンコ・・・80%(これは店舗によりけり)

ロト6・・・40%(これを知るとアホらしくてやる気がうせます)

 

一見パチンコがよさげに見えますが、勝てる人はほんのひとにぎり。

そして何よりストレスなのがほぼ「運」。

たまに勝てたとしても、よくわからない理由で負けるのが当たり前なギャンブルでは、さすがに面白くありません。

 

では気になるウィリアムヒルスポーツはというと・・・

 

ウィリアムヒルスポーツ・・・約94%

 

数字で見れば一目瞭然。

「いかさまじゃないの?」と思うかもしれませんが、前回記事でもお話したように、いかさまをやってしまうとライセンス取り消しになります。

 

今ままで70年以上イギリスで店舗でも営業をしていて・・・

2002年にはロンドンで上場もはたして・・・

いろんなメディアに映る全豪オープンやほかのスポーツイベントに出資をしていて・・・

 

いかさまをしてライセンスを失うメリットがありません。

そして社会的な認知度でいえばはんぱな企業よりはるかに上ですので、信用・信頼という意味では日本の○○○銀行あたりよりよほど信頼できます。

 

今この記事を書いているのが2016年9月なんですが、今年は試験的に凱旋門賞が日本で発売を予定しています。

出走馬はマカヒキくらいしか日本馬はいませんが、今年に限ってはマカヒキ回避でも発売するとのこと。

とはいえ、前回記事でも書きましたが「締め切られた時点でのオッズで支払われる」という事実は変わりません。

 

9月時点でのマカヒキのオッズは各社低めです。

理由は2つ。

1.前哨戦のニエル賞の結果次第で判断しようと考えている

2.歴代日本馬が1度も勝てていない

ほかにもあるでしょうが、もしニエル賞を勝てばオッズは下がるでしょう。

 

そういう意味では、現時点でマカヒキを応援したいと思っている人からすれば、ニエル賞前に購入しておけば、万一ニエル賞楽勝したとしてオッズが下がったとしても、自分が購入した時点のオッズで配当がもらえるのでお得、ということになります。

 

ただニエル賞大敗で人気急落しても、あくまで配当になるのは購入時のオッズですのでそこは自己責任。

 

今回はわかりやすく競馬でご説明しましたが、これはリーガエスパニョーラなどの海外サッカーでも同様で、試合開始30分前と前日ではかなりオッズが違います。

幸いスマホでさくさく動くので、好きなときに、納得のいくオッズのときに賭けられるのがメリットです。

 

次回は「困ったらどうすればいいの?」というお話。

わたしも経験ありですが、日本でいうとヤフオクなどヤフーのサポートは雑です。

電話サポートなし。

メール問い合わせもいつ返信があるのかわからない。

 

その点、ウィリアムヒルは万全の態勢で日本人ユーザーをお出迎えしています。

まさかの日本語電話サポートもあるんですね。

次回はそんなお話です。

 

前回ご紹介した話ですが、初心者向け、また登録方法・入出金・賭けるやり方まで丁寧にpdfで紹介している公式ホームページもありますので、ぜひご確認ください。

ウィリアムヒルスポーツ公式HP

 

最後までお読みいただきありがとうございました!