スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

麻雀がボケ防止の一助になっている?見直されつつある麻雀の魅力とは?

新シリーズ「DORA麻雀」を追加しました。

 

積み込み。

天和。

 

net全盛の今ではいずれも死語といえるお話ですが、ついつい思い出してしまうのが、「坊や哲」。

昭和20年代のお話ですね。

アニメはこんな雰囲気です。

f:id:ssshoper:20160911200331j:plain

 

わたしは『週刊少年マガジン』の漫画で読んでいた世代ですが、つい最近までyoutubeで全20話が見られたんですね。

7月、8月とよく見てました。

 

久々に履歴見たら消されていたので今は見られないようですが・・・

またupしてもらいたいんですけど、まあ厳しそうですね。

 

何度見ても味わい深いというか、見入ってしまうのが・・・

 

・とにかくすごい房州さん。

・「牌が透けて見える」のがなぜなのかわからないうえに、ヒロポン打ちすぎでその後どうなったか気になる印南。

・これも理由はわからないが、危険牌がわかってしまうリサ。

 

何それ?っていうあなたはぜひ漫画喫茶で読むかDVDで見てみてください。

特に動画・DVDはめっちゃ面白いので。

個人的にですけど、アカギより断然面白いと思います。

 

と横道にそれましたが、麻雀は最近違った角度から注目を集めています。

それは「ボケ防止」。

こんな記事がありました。

matome.naver.jp

 

いまどきの雀荘は昔みたく「とにかくタバコくさい」「客のガラ悪い」「女性はいなさそう」といった雰囲気ではありませんので、そういう意味では大衆の娯楽として純粋に復活しつつあります。

 

そんな麻雀ですが、オンラインカジノでも存在します。

それが「DORA麻雀」。

検索すればかなりの数が出てきますが、はたして実情はどうなのか?

net全盛のおかげで、以前なら雑誌・新聞etcくらいだった情報の収集先をたくさん選択できるようになりましたが、逆に玉石混交で、当たり・ハズレの落差が大きくなったのもあります。

 

ただ残念ながらほとんどがゴミといってもいいのがネット。

匿名性が高すぎるのが仇になっている印象もあります。

そういう意味で、単なる書き込みよりも、インスタグラムやツイッターフェイスブックの情報のほうが多少なりとも信頼性を増しつつあるのはわからなくもないですね。

 

そんなDORA麻雀について次回から詳しく見ていきます。

玉か石かは読者さんの判断にゆだねますが、少なくとも正しく判断できる材料は提供しようと考えています。

 

というわけで次回をお楽しみに!