スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

100円から勝負できる。いやいやそんなぬるい勝負じゃね!というあなたには40000万円の卓もあります。

ギャンブルは悪だ。

と思う人もいるでしょう。

が、そうなると東京都のカジノ推進も悪なのか?

オンラインカジノで日本人でも気軽に使えていた大手・Nettelerも規制が入るなど、日本としては「できれば国内で管理しきれる範囲でやってくれ」ということなんでしょう。

さらに本音をいえば「こちらが課税しやすい場所でやってくれ」ということなんでしょう。

 

先日ご紹介した、DORA麻雀。

本当のギャンブラーにはたまらない魅力があるのではないでしょうか。

カイジは大げさですが、刺激がほしい、というより、素人相手にポイントが貯まろうが面白くないよ。

というあなたにピッタリだと思います。

単なるひまつぶし程度ならピグや東風荘で十分だとは思います。

 

では、前回簡単にご紹介したDORA麻雀ですが、その魅力をさらに追加して今日は大公開します!

 

まずはリアルなカジノのような「プレイヤーVSカジノ」で行う従来のカジノとは異なります。
DORA麻雀はオンライン麻雀ゲームと同様に「プレイヤーVSプレイヤー」の形式で行われます。

もちろん運の要素もありますが、それ以上に麻雀が強いプレイヤーが勝利しやすい仕組みになっているのがDORA麻雀の最大の特徴です。

 

日本で一般的な麻雀ゲーム同様、約100円($1)から遊べる卓から4万円近く($384)の持ち込みが必要な卓まで幅広く存在します。

 

ゲームは三人卓、四人卓、そして赤ドラの有無と日本でも馴染みのある麻雀ルールと同じ内容ですので新しくカジノをプレイするよりも入りやすいかもしれません。

赤ドラは一般的なアプリやゲームで割りと普通に行われているので、すんなり入れるルール。

 

また、DORA麻雀はプロモーションとして「無料トーナメント」を開催しています。

こちらは参加費・手数料が"無料"でトーナメントに参加できるというもので、勝ち上がっていくと賞金を獲得することができます。もちろん負けてもノーリスクです!

これはかなりおいしい。

しかも不定期ではありますが、年間かなりの回数開催されています。

くわしくは公式ホームページでご確認を!

 

入金方法も便利なクレジットカードが使えます。

2016年9月15日までの話にはなりますが、オンラインカジノの代名詞ともいえるネッテラーでの入出金が可能です。

 

現在、オンラインカジノ全体で「ネッテラー」に代わる安全・安心な入出金について検討を始めているとのこと。

クレジットカードに抵抗がある人も多いですので、それがはっきりしてから参戦、というのもアリです。

 

手軽に打てて賭けれるDORA麻雀だからこその面白さ!
麻雀に自信がある人は是非高レートで勝負してみてください!

 

自信がなくても低レート、もしくは無料トーナメントで思いっきり遊べるのが

魅力です。

無料ならまずはやろうかな、というスタンスで全然いいと思いますが、リアルさは遊びの東風荘などの比ではないです。

 

熱いですよね!
敷居が低いのも魅力ですし、安全・安心で思い切り楽しめるので、ストレス解消にもなります。

 

なおかつ
腕に自信があるあなたなら

ストレス解消できたうえにお金が増える

 

そんなありえない話です。

 

無料のトーナメント含め、最新情報は公式ホームページからどうぞ。

DORA麻雀公式ホームページ