読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

民進党さん。いくらなんでもカジノで内閣不信任案はきついんでないかい?

野党は与党のチェック機関。

だと思っているんですが、日本は違うのか。

与党を批判して対案を出さないのが日本の野党。

 

以下は引用です。

 

 国会では、「カジノ解禁法案」をめぐる与野党の攻防が大詰めを迎えていて、参議院の委員会で参考人質疑が行われた。

 4人の参考人は、「ギャンブル依存症は極めて深刻」などの反対意見と、カジノの経済効果を指摘する賛成意見で分かれた。

 大阪商業大学・美原融教授「観光振興、地域振興、地域経済活性化に貢献する施設群になるということが想定できるわけです」

 弁護士・新里宏二氏「カジノ賭博は、多くのものが財産を失い、依存症へと追い込まれる。カジノは、不幸をまき散らすビジネスではないのでしょうか」

 自民党はカジノ解禁法案の13日の委員会採決を求めているが、民進党は「審議が不十分だ」として拒否している。

 こうした中、採決をとり行う委員長は民進党の議員が務めているため、自民党は委員会採決を省略して本会議で採決する「中間報告」という異例の手段も検討している。

 これに対して民進党などは、内閣不信任案の提出も視野に徹底抗戦の構えで、14日の会期末に向け激しい攻防が続きそうだ。

 

「カジノ賭博は、多くのものが財産を失い、依存症へと追い込まれる」

日本国内あちこちにあるパチンコじゃなく???

ドレスコード&入場料もおそらくつくであろう日本のカジノでそんなへぼい客は来ないだろう。

そもそも日本人目当てに作るわけでもあるまいに。

 

これが弁護士の発言とは笑えますが、「反対ありき」というスタンスなら納得はできます。もちろん発言の一部を切り取ったものだとは思いますけど。

 

カジノはだめでほかはOK。

決済サービスの最大手、使い勝手もよかったネッテラーが日本から撤退はしていませんが、民間で使っているわたし含め、ほぼ2016年8月から用をなさない状態になっています。

日本どうこうの話ではなくマスターカード側の事情、という記事は散見していますが、JRAの海外競馬の発売もPATのみというように、ようはお金の動きを追跡できる場所は認めて、あとは確実に税を取り立てたいだけの話。

 

規制するのはけっこうですが、窮屈すぎると、江戸時代の田沼意次松平定信みたくなってしまうので、田沼が恋しいなんていうふうにわたしも思ってしまうような、日本人にはほどほどの規制・ルールがよいのではないかと。

 

オンラインカジノ・日本国内のカジノ動向についてはこちらで情報を仕入れましょう。