スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

寝る前やお酒飲みながらできるオンラインカジノこそギャンブル依存症を加速させるんじゃないの?

前回ご紹介したように、ようやくカジノ法案が強行?採決されました。

 

まあ国会議員だろうが、わたしたち庶民だろうが、共通の不安は「依存症になるんじゃないか?」という話でしょう。

カジノ自体が悪いというより、参加する人間に問題がある、という話ですね。

まず依存ありき、で話が進んでいる時点で日本人もたいしたことないな、と思ってしまいましたが。

 

とはいえ無事に可決はしたものの、

ここまで成立に年数もかかってしまったのは、

ギャンブル依存症の対策をどうするかに対して、
具体的な対策が決まっていない」

という反対意見があるからだと、ニュース記事でもよく書かれています。

 

具体的な対策は、まだ箱もできていない段階でデータも取れていないだけに、難しいというより無理なのでは?と思います。


ギャンブルとは娯楽であるので、一時的に熱くなってしまい思ったよりも多い金額で遊んでしまったことがある人は、山ほどいるでしょう。

 

ただし、娯楽の領域を超えて、自分の力では止めることができない人に対しては、
確かに何かしらのサポートや制御体制が必要であります。

 

では、オンラインカジノではどういう対策が取られているの?
と考えたことはないでしょうか?

ネットだし歯止めが現地以上にきかないんじゃないの???と思いますよね。


実は、オンラインカジノには、
最前線のギャンブル依存症対策が適用されていることをご存じでしょうか?


ギャンブル依存症とは、まず本人の自覚があって初めて対策を打つことができます。

 

ただし、問題があると本人が認識したとしても、競馬場やパチンコ店、多くのランドカジノでも、誰も止める人はいません。

 

そもそも誰が出入りしているかさえ、把握していません。


オンラインカジノではどうでしょう?
まずプレイを始めるには、個人情報を登録して、
出金を行う際には身分証明書の提示まで必要になってきます。

このサービスの性質を活用してオンラインカジノとライセンス機関は、
長年をかけて様々な効果的なギャンブル依存症対策を作ってきています。


その内、一番効果的と言われている対策が「自己規制」機能であります。


自己規制機能とは以下のようなシステムです。

 

自分がプレイしすぎていると感じたときは、ある一定期間、自分をログインさせないよう、ログイン制限をかける、またはある一定の金額までしかプレイできないよう、プレイ額制限をかける。

 

このようなことが自分で設定できるのです。


さらに、この設定を行ったあとは、どれだけ次の日にオンラインカジノ側に連絡して
制限を解除してもらうよう申請しても、ライセンスの規定上、制限の設定期間が終了するまでは、本人のリクエストであったとしても、解除することはできないんですね。

自業自得?ともいえるシステムですが、これは依存症にならないように誰あろう自分で設定したわけですから、やりたくてもできない以上、依存しようがないわけです。

 

これは日本が今後ランドカジノのギャンブル依存症対策を考えるにあたっても、ヒントになるのではないでしょうか?

 

とはいえ、本音を書かせてもらうなら、そもそも通ってくれる人がいないとカジノの運営が成り立たないだけに、依存しないでほしいけど金は適度に落としてほしい、というのは矛盾していますよね。