スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

2016年3月に起訴された日本国内のオンラインカジノプレーヤー、当然不起訴に。

まあそうだろうね。

というビッグニュースが飛び込んできました。

 

オンラインカジノは日本では違法ではない。

というお話を「オンラインカジノって日本でやれるの?やっていいの?」というカテゴリーですでにお話していますが、結論からいえば問題ありません。

 

そんな中、昨年3月にオンラインカジノのプレーヤー3名が起訴されたわけですが・・・

日本国内の法整備もあやふやなうえに、運営している会社が海外でライセンス取得をして営業しているわけで、そもそも起訴すること自体無理があったわけです。

 

と素人のわたしが熱く語るよりは、実際に担当された弁護士さんのブログがありますので、そちらをぜひお読みください。

ameblo.jp

 

参考までに、不起訴の根拠としてこんな話を担当弁護士さんはされています。

以下、ブログの要約・引用になります。

 

 通常賭博法とは賭博を提供している、いわゆる運営者側を処罰するためにあります。
そして、プレイヤーに関しては、運営者を有罪とする捜査に付随する罪という位置づけになります。

 

 オンラインカジノの場合は、運営者は海外のライセンスを取得して運営している以上、完全に合法的に行われています。

 

つまり、「胴元の運営者を賭博罪で有罪にすることができないとわかっていて、
プレイヤー側だけを処罰することは不当である。」

 

実際に、賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とするべきだと、「賭博事犯の捜査実務」でも書かれているとのことです。


やはりこの3名のプレイヤーを摘発したこと自体、どれだけ不当なことだったかがわかります。

 

わたしは普通にやっていますが、当然告訴もされません。

賭博罪といいますが、日本ほどギャンブル業界が土地をしめている国も世界を見渡せば珍しいといえます。

まあ儲かりますし、回収も容易ですしね税も。

 

今回は「課税できそうでできないネットの聖域に、思い切ってゆさぶりをかけてみたが、結局法整備も甘く穴だらけでだめでした」というお話で。

 

この国はほんとに金がないんですね。

生まれた赤ちゃんがすでに借金を背負っている、なんていう国、正直発展途上国以下じゃないのかな。