読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

マカオでアジアゲーミング業界のカンファレンスが開催されます!

気づけば2017年も1/4が終わろうとしています。

国会は動いているようで動いていない、そんな印象すらありますが、世界は確実に変化しています。

来週からは、マカオで開催されるアジアゲーミング業界のカンファレンス、

iGaming Asia Congress

が始まります。日本語ページではありませんが参考までに。

Home - iGaming Asia Congress

 

今回は、
iGamingの講演トピックから見える


アジア市場の傾向


をいくつか紹介します。

 


アジアではスポーツブックが成長中!

アジア全体で見ると、スポーツブックは歴史的にはカジノよりも普及していますが、

まだまだ成長しているようです。

特に、eスポーツという分野が新たな分野として注目されています。

eスポーツとは、世界的に人気なオンラインゲームを
プロプレイヤーが対戦する大会に対してベットすることを言います。

まだ日本では馴染みのない分野ではありますが、当ブログでご紹介している

ウィリアムヒルや、日本人に人気のあるW88でもすでにeスポーツを取り扱っています。

 

モバイルが引き続き中心!

年々iGamingでは、
モバイルのゲームコンテンツやマーケティング手法が注目されていますが、
今年もモバイルゲーム市場の傾向とゲーミング企業としての活用方法

モバイルによるライブストリーミング、3D技術などにおいて講演が行われます。

 

日本市場だけでなく、アジア全体でも、モバイルのゲームコンテンツや集客方法の今後の動きを気にしているようです。

 

ブロックチェイン技術の活用方法!

わたしもブロックチェーンでビットコインを流用していますが、スマホ、PCともサクサク使える、セキュリティの設定も個人に合わせてできるので重宝しています。

 

iGamingでもそれの活用方法、セキュリティ面の説明など講演トピックとして早速取り上げられています。

 

とても興味深い内容の講演ばかりです。

様々なアジア市場で注目されている内容は、
日本市場での展開のヒントになりそうですね。