スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

欧州のトップリーグが「オフィシャル・ベッティング・パートナー」と呼ぶ信頼の会社とは?

今回は以前にもお話はしましたが、「オンラインカジノ、特にスポーツベッティングを扱っている会社は社会的な認知度が高い」というお話。

 

サッカーといえばヨーロッパが主流、試合数も多いわけですが、当ブログで扱っているウィリアムヒルをはじめ、チームのスポンサーをブックメーカーがやっている、というケースは当たり前に存在します。

 

以下、サムライクリック通信よりの引用ですが、わかりやすいので一度読んでみてください。

 

 ヨーロッパではこのようなスポンサーシップを「オフィシャル・ベッティング・パートナー」と呼んでいます。
 つまり、「うちのチームに対してベットするときは、このサイトを使ってね」という宣伝方法なわけです。

 ウィリアムヒルも、現在イギリスサッカーリーグで3つのチームスポンサーになっています。
 その他、ボクシング選手やダーツの大会など、幅広くスポンサー活動を行っています。

 日本では、まだまだそのようなことができる環境はそろっていないですが、さすがヨーロッパ市場は先を進んでいますね。

 

 

 もうひとつスポーツブックの話題で、「ファンタジースポーツ」という新しいジャンルのゲームが流行っています。

 ファンタジースポーツとは、日本人にも馴染みのある「サカつく」のようなゲームで、スポーツ選手を選んで自分のチームを作っていきます。
 ベット額を払い、自分のチームでトーナメントに参加したり、他のチームと対戦して勝ったら賞金をもらえる仕組みになっています。

 日本では、ベットはできないにしろ、似たようなゲームはコンソールやソーシャルゲームとして多数出ています。
 いずれ日本プレイヤーに人気が出てもおかしくない、期待できるゲームです。

 

こうしてみると、やはりオンラインカジノ、スポーツベッティングの運営会社は、日本は大きな市場になる、と踏んでいるのがわかります。

日本人にあったシステムや日本人が好みそうなゲーム、スロットなどを取り入れている会社が結構多いことがわかります。

 

オンラインカジノ以外にも日本のカジノ法案の行方や、ブラックジャックやルーレットなど、基本的なゲーム用語、やり方について解説してくれますので、ぜひクリックして情報を拾っておいてください。