スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

日本でオンラインカジノで遊ぶのは法的にセーフ?アウト?

2017年もいよいよあと5日になりました。

新年は違ったことをやろうかな、というあなたには、やはりオンラインカジノをオススメしたい。

年金も正直不安しかないわが日本では、自分で年金、というより、資金を作らないとあとで痛い目を見ます。

もちろんユーザー全員が勝ってしまったらオンラインカジノの運営会社がつぶれてしまいますので、当然勝ち組・負け組が出ます。

ただ「ユーザー全員が負け組」というのもありえない話。

還元率97%という、日本の公営ギャンブルや宝くじでは考えられない率で遊んでくれているユーザーに還元してくれるのがオンラインカジノです。

 

ではそもそもわたしはやっているわけですが、本当に日本で問題がないのかどうか。

 

昨年の話題にはなりますが、会社役員2人がネットカジノでの賭博容疑で逮捕、というニュースがありました。

これだけみると「やっぱだめじゃん」と思うかもしれません。

 

報道の見出しによって、
オンラインカジノで逮捕者」
のように、かなり偏った表現をしているので、

「え!?違法なの?」
と思われたかもしれませんが、心配はいりません。

なぜならば、

今回の事件も、
昔から続くインターネットカフェでの賭博事件も、
本質は、同じだからです。


つまり、日本国内で賭博目的で資金を集めていることが、
法律に抵触している。

ということです。


これにはマネーロンダリングや、
反社会的組織への資金流出などの問題がありますので、
ハッキリとした違法性がある事になります。

また、ご存じのとおり日本の法律では、
賭博は禁止されています。

 

ですので、

問題はオンラインカジノが賭博に当たるのか?

という事ですが、
日本の賭博法は賭博を提供する側と
遊ぶ側のどちらもが違法である必要があります。

オンラインカジノの場合は、
提供している側が完全に合法的に運営されているため、
これに適用している法律がない状態です。

つまり、海外に拠点を置いて運営されている
オンラインカジノで遊んだからといって、
罰せられることはまずあり得ません。

※実際に現在までオンラインカジノで遊んで
 罰せられたというケースはありません。

 

また、このブログでご紹介しているサービス自体、
日本の東証一部に上場をしている大手メディアにて紹介されています。

 

もし、このブログ含め行っている活動自体が法律的に違法だとすると、
これらの企業も詐欺罪の幇助にあたります。

「日本を代表する一流企業が、はたしてそのような違法行為を行うか?」

そこをご理解いただけたらと思います。

そもそも違法ならこんなに長く営業ができませんし、日本はまだ蚊帳の外の状態ですが、東アジアでここまでブレイクはしていませんよね。

 

日本は「出る杭をぶったたく」国です。
あまり信用しないほうがよいかと個人的には思います。
日本人ですけど、それと国家を信じることはまた別の話だと思いますので。

というわけで改めて長い歴史を経ているオンラインカジノを確認してみてください。
不安なら無理にやる必要もないですし、人生一度だし、自分の思うように生きてみたいと思う方だけご覧いただけたら幸いです。