スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

レイデオロ、アウォーディー、ヴィブロス、モズカッチャンetc・・・ドバイウィークいよいよ土曜日に開幕!

JRAも海外馬券を発売するようにはなりましたが、海外のブックメーカーと比較するとオッズに開きが出てきます。

 

日本馬推し、がいまだに多いからなんですね。

昨年の凱旋門賞がいい例ですが、現地のサトノダイヤモンドとこちらのサトノダイヤモンドはほんとに同じ馬???というくらいの開きが生じました。

 

今年はヴィブロスドバイターフ連覇なるか、あるいはリアルスティールにも期待がかかっているわけですが、外国馬から買う人はJRAで購入したほうがお得。

 

ただ、逆に日本馬から買いたい場合、ブックメーカーのほうが当然配当はいいわけです。

日本馬の強さ、というのは海外でも知れ渡ってはいるわけですが、ドバイのこれまでの結果を見ると、そこまで信頼性が高いわけでもありません。

そういった意味でも、海外ブックメーカーのほうが日本馬を買うには妙味があります。

 

そしてオーストラリアG1は今年なぜか発売してくれませんし、ほかにもUAEダービーなどドバイは面白いレースが今週開催されるわけですが、そちらも発売はなし。

日本馬が出走するレースを発売する、というイメージだったんですが、なぜオーストラリアが除外されたのか謎です。

 

またトーセンスターダムなど、オーストラリアに渡って活躍している元日本馬の馬券も当然JRAは発売なし。

アンビシャスもオーストラリアにいますので、いつかウィンクスと元日本馬の激突が、うまくいけば年内にも見られるはず。

ですが、それも日本国内では未発売、という流れになりそうです。

 

また、海外ブックメーカーの魅力はサッカー、テニス、あるいは政局etc、さらに明日の天気が雨かくもりか晴れか、といったところまで幅広くオッズがつきます。

当ブログでご紹介しているウィリアムヒルはイギリスの老舗。

大きなイベントのスポンサーもしていることは以前の記事でご紹介しましたとおり。

積み上げてきた実績と歴史が信頼を裏付けていますし、当然わたしもやっています。

 

ブックメーカーは名前は知ってるけど、、、海外だと英語じゃないの?

と思われるかもしれませんが、日本語対応、かつ日本語チャットもありますので、いろいろわからないことが出てきたときも、日本語で質問もできます。

くわしくはこちらからチェックしてみてください。

今年はロシアのワールドカップも開催されますので、日本代表、あるいは好きな国を応援することも可能です!