スマホでやるならクソゲーよりOC!casiyes!

スマホで課金するのも悪くはないけど飽きたとき困る!長く飽きないのはこれしかない。ブログタイトルのOCとは「OnlineCasino」の略。日本でやっていいのか?大丈夫なのか?きちんと解説していきます!たくさんのオンラインカジノの中からお気に入りを見つけてください!

日本にカジノはいつできるのか?成功するのか?

今年は異常な猛暑ということで、居場所に困るのが2018年の日本です。

自宅にいても熱中症になってしまう、という状況で、エアコン、扇風機をうまく使ってなんとか9月いっぱいくらいまでしのいでいきたいものです。

 

そんな中、ようやく先月20日に成立したのがIR実施法案です。

カジノ建設が決定した、といえる法案なわけですが、はたして地方自治体の中からどれだけ手が挙がるのか。

また外資がどれだけ日本市場に魅力を持ってくれるのか。

 

東南アジアや韓国などの例はおそらく日本には参考にならないでしょう。

実質データなしから積み上げていくわけですが、果たして5年後,10年後の日本はどうなっているのでしょうか。

 

これまでは検索で「カジノ」と入れている人の多くは、海外旅行で行き先の1つとして調べるイメージでしたが、カジノという用語自体は、オンラインカジノはじめ、日本でもそこまで違和感がなくなってきたのではないでしょうか。

 

以下、サムライクリックより引用記事です。

今後の展望についてぜひご確認ください。

 

7月20日に成立したのは、統合リゾート(IR)実施法案です。
以前通過した統合リゾート(IR)推進法案はあくまでカジノを含めた統合リゾートを作ることを推進する意思表明のようなものでしたが、今度の実施法案の成立で、初めてカジノ建設が決定することとなります。

 

この後はカジノ解禁に向けた法整備や、カジノを誘致する候補地、建設業者などの選定が進みます。日本にカジノができるのはまだまだ先です。


しかし、こういった進展は今後もニュースで報道されるので、その度に注目され、検索されることが増えるでしょう。
現時点でもカジノ法案成立のニュースから、カジノ関連の検索が増加しています。

 

また、カジノ法案の成立によって、候補地と海外のカジノ関連事業者が誘致のため、日本国内で活発にPR活動をしていきます。
有力候補地とされる大阪府では、すでに海外の事業者が地元行事に参加するなど、アピールを始めているようです。

 

こうした動きが、カジノやカジノゲームに対する認知度を上げるとともに、今までは違法だったカジノへの抵抗意識を下げることに繋がります。